幸せのちから

◆英語を楽しむ

The pursuit of happyness (

Expression
相性がいい have good chemistry

“The pursuit of happyness” is based on the true story of Chris Gardner, who secured an internship with a stock brokerage firm while he was homeless and finally became a billionaire. The film stars Will Smith as Gardner and Smith’s real-life son Jaden Smith as Gardner’s son Christopher. They have especially good chemistry between the real father and son. Above all, Jaden is soooo cute!
幸せのちから.jpgにほんブログ村 英語ブログへbanner_02.gif←I appreciate your vote!
★The misspelling of “happyness” refers to a theme in the movie where Gardner is upset that a mural decorating his son’s daycare is spelled incorrectly.

人気blogたち

女性向け人気ブログ

【日本語訳】
「幸せの力」は、クリス・ガードナーという人物の実話。この人は、ホームレスからディーラーのインターンになって、ついには億万長者にまでのぼりつめます。ウィル・スミスがガードナーを演じ、ウィルの本当の息子がその子供クリストファー役を演じます。本当の親子ならではの不思議な相性が見られます。なんといっても、ウィルの息子がキュート!

★「幸せ」はhappyness(正しくはhappiness)と間違って綴られているけれど、これは、ストーリーの中の保育園の壁に間違って書かれた文字にガードナーが怒る、という場面に由来してだそうです。

・*★【今日のつぶやき】★*・
親子ってすごいなぁって思います。
なんだ、この不思議な相性は……と思ってみていたら、
なんと、ウィルスミスとジェイデンは本当の親子だったのですね。
ジェイデンがぶつぶついうジョークも自然そのままで、
それを聞き流しつつ返事をするウィルも超自然。
そして、なんといっても見所は父親が息子に向かっていうこのセリフ

Don’t ever let somebody tell you…you can’t do something.
「誰にもムリだなんていわせるなよ。パパにもだ」

バスケをしたい息子に、「あんまりうまくないからあきらめろ」
なんて言ってってしまってから、父親のウィル自身もハッとするんです。
最初からあきらめさせてどうするんだ、って。
55分ごろに出てきます。見所のひとつですよ。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へbanner_02.gif
↑ぽちっとクリックしていただけるとうれしいです。ありがとうございました☆

be based on- -に基づいた。    stock brokerage 株式売買
firm 会社。            billionaire 億万長者。
have good chemistry いい相性 above all なによりも

misspelling スペルミス。      theme テーマ        upset 怒る
mural 壁画・壁のいたずら書き。    daycare 保育園

コメント

  1. bibinba より:

    「chemistry」 といえば「化学」という言葉しか思い浮かびませんでしたが
    「相性」という意味があるんですね~
    とても印象に残りました。 ^ ^

  2. Yoko Ueno より:

    bibinba さん

    こんにちは。
    そうなんですよ。cheistryは、やっぱり人と人の融合みたいなところから相性になったんだ、なんてどこかで読みました。本当かどうかはさだかではないですけどn^^;
    また遊びに来てくださいね~。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました