「2008年の顔」はこの人!

◆英語を楽しむ

Person of the year 2008!

思い浮かべる  come up to mind

Barack Obama was selected as the “Person of the year 2008”. According to Time Magazine, “In one of the craziest elections in American history, he overcame a lack of experience, a funny name, two candidates who are political institutions and the racial divide to become the 44th President of the United States.” Well, who is the person of the year of Japan????? Nobody comes up to mind…Is there any politician??? No…probably some athletes…I guess.
obama_cover.jpgにほんブログ村 英語ブログへbanner_02.gif←I appreciate your vote!

英語上達したい!ならココ

このブログ、今日は何位?

【日本語訳】
TIMEマガジンの毎年恒例の“今年の顔”はバラク・オバマ氏に。TIMEによると「アメリカの歴代の選挙の中で最も熱狂的ともいえる選挙で、経験不足や耳慣れない名前をものともせず、人種間隔たりを超え制度でガチガチのふたりの政治家を相手に勝利し、第44代目のアメリカ大統領に就任した“との理由。さて、では日本の今年の顔は???むっ、誰も浮かばない……誰か政治家いましたか?たぶん、スポーツ選手なら、ですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へbanner_02.gif
↑クリックしていただけるとうれしいです☆ありがとうございました!

Crazy 熱狂的な    overcome 打ち勝つ   lack of ~  ~の不足
Funny name  おかしな名前・耳慣れない名前
Political institution 政治制度   racial divide 人種間差別
Come up to mind 脳裏をよぎる。思い浮かぶ

コメント

  1. asimona より:

    上野さま、はじめまして。

    いつも上野さんの書かれたものを訳して、それから答え合わせをして勉強させていただいております。

    今回、上野さんは、”racial divide”を本文訳中で”人種差別家”と訳されていましたがもしかしたら違うのでは?と思っております。なぜならヒラリーさんとマケインさんが人種差別家だと報道されたことはないように思うからです。(実際はわかりませんが・・・)

    そこで英辞朗を調べてみると、”racial divide”を”人種間{じんしゅ かん}の境界線”と訳しておりました。このことから、オバマさんが人種の壁を乗り越えて白人からも多くの票を得たことを述べているのではないかと思いましたがどうでしょうか?

  2. Yoko Ueno より:

    ashimona さん

    こんにちは。コメントありがとうございました。
    いつもご覧いただいているとのことで、うれしい限りです。ありがとうございます。

    いつも記事は英語で書いて、なるべくそれに沿って日本語訳をつけるようにしているのですが、どちらも”書く”意識があるため、たまに自分の中で”超訳”なこともあること、お気づきかと思います。すみません。
    ブログは、お仕事よりも楽しんでやりたい♪と思っておりまして、手をぬくわけではなく、でも、時に力が抜けています。

    さて、今回の訳の件、ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、この文章を書いた人は、たぶん「白人ふたりに勝った」と遠廻しにいいたかったんでしょうね。つまり、人種の隔たりを超えて、ということなんだと思います。
    ざっと見て拾ってしまったため、私のヒラリーとマケインへの偏見たっぷりの誤訳でしたね(笑)。失礼いたしました。

    ときどき、新幹線に乗る前などワタワタバタバタやったときには、英語も日本語も入力ミスなどあとで見つけて、後追いで直しています。そんなとことも、おゆるしくださいね。

    また、ぜひ遊びに来てください☆。
    Have a great holiday season!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました