英語が話せる人の、あたまの中2 ~中・初心者の方向けに

ハーブ・植物・ガーデン

人気ブログランキング、今日は何位?

前回、「英語が話せる人の、あたまの中 その1」で、
日本語から直訳せずにイメージ化する、というお話をしました。
イメージ化のお話は、またのちほど。

少し慣れないうちは日本語から訳していくことが多いかもしれないですよね。

●日本語から訳したいときのコツ

初心者の人にはいきなりイメージ化は難しいので、日本語から訳すコツ。
その場合でも、直訳はよけいに難しくなることは、頭においてくださいね。
まずは、その方法から説明しましょう。

コツ 英語にしたい日本語を……
① 短く
② 簡単に
③ 1フレーズで1つのことだけを言う
日本語がむずかしいと、英語力が追い付かなくなります!

たとえば「危惧される」と浮かんでも
「危惧って、英語でなに?」という前に(be deeply concerned とかanxious about)
「心配する」=worry about~としたら簡単に。

つまり……コツは
自分の英語力に ← 訳したい 日本語のレベルをあわせる

そんな感じでしょうか。流暢な日本語と、たどたどしい英語。
この二つのレベル差が、英語で話すときに「えっと……」と考えてしまうことに。
日本語の語彙が豊富な人ほど、このギャップに苦しんだりするようですよ。

日本語を簡単にしてあげれば、すんなり英語にできることも多いはず。
あとは慣れの問題だけに。


人気ブログランキング   うちの庭で咲きました2^^

たとえば、

▼そのまましゃべった日本語
「昨日は友達とレストランに立ち寄ったけど、
とても混んでいて順番待ちだったので、別のお店をさがしていくことにしました。」

これは、けっこう手ごわいですよね。
長くて区切れがないし、最後まで結論がわからないし……。通訳泣かせな話し方ですね。

それに、立ち寄る! 順番待ち! 探していく! って何⁉ と話す自分もお手上げ状態に。

立ち寄るはdrop by などですけど、最初は無理をせず、
「立ち寄る→行った=went」のようにしたらわかりやすくなりますよね。
日本語にこだわると、訳せない! となるけれど、「行く」ならgoなので簡単に。

▼かんたん英訳向けの日本語
昨日、レストランに行った。 We went to a restaurant yesterday.
とても混んでいた。It was very crowded.
順番待ちでした。We had to wait in line.
別のレストランに行った。We (decided to go/) went to another restaurant.

最後にもう一度コツ
1フレーズで、1つのこと。
短く、自分が話せるフレーズで。
日本語を、英語力にあわせてあげて!

といった感じです。そして……できるだけたくさん、簡単なフレーズを自分の中に蓄えておくこと。

イメージ化まで行きつけませんでした~! このあたりは、
「その3」にて。また日記の合間に書いていきますね。

・*☆【ちょっとひとこと】☆*・
米国で一緒だった同期のひとりは、
大手新聞社を休職して、同じ学部に来ていました。
英語の点数は高いし、頭もよくて、文章書いたらスラスラ。

ところが、話し出すと話せない!
日本語の語彙に、自分の英語力が追い付かないようで、
なかなか会話に苦労していました。特に理系の方だったからかな。
日本語のレベル、ちょっと落とすだけで、英語はかなり楽になるように感じました。

スティーブ・ジョブズの英語語彙レベルを調べたときに、
実は小学生レベルの語彙を使っていました。
それって、聴衆にわかりやすくするため。
でも、それで十分にビジネスで信頼されるプレゼンができたわけですね。
(ちなみにビル・ゲイツは中学生の上レベル)

ムリに難しい言葉を使わなくても、まずは伝わればいい!
そんなところから始めればいいのかもしれないな、と思いました。

人気ブログランキング・ブログ村に参加しています。
応援のクリックしていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。


英会話ランキング
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者(女性)へ
にほんブログ村

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました