南の島へ

◆英語を楽しむ
Escape to the southern island


このブログ、今日はランキング何位

Expression
The story goes back to ~ ~に話は戻って

The story goes back to the holiday season……I visited the Fiji republic.
話は少し戻って……フィジー共和国に行ってきました。

koiblog 130115.jpg
It used to be a colony of UK. Fijians are very easy-going people so UK took in Indians from India; so that you’ll see many Indians and Australians (about 90% of the tourists are AZs) in addition to Fijian.
もともとイギリスの植民地で、のんびりしたフィジーには、より勤勉なインド人を連れてきたといういきさつがあり、フィジーの人に加えて、インド人、オーストラリア人がたくさんいるんデスね。
koiblog ss3  130122.jpgkoiblog ss  130131 2.jpg
The island has a very slow atmosphere and the white sands are surprisingly beautiful.
本当にのんびりした雰囲気の島。白砂のビーチが超キレイなトコロです。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとウレシイデス^^
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへlifestyle88_31.gif

escape to~ ~への逃避。
The story goes back to~ 話は~に遡る。
clony 植民地。   easy-going 気楽な。   in addition to ~ ~に加えて。
slow atmosphere  ゆっくり、のんびりした雰囲気。  white sands 白砂。

このブログ、人気ランキング今日は何位?

ライフスタイルの参考にコチラ

コメント

  1. ARIKO より:

    こんにちは。この前は何度も返信頂き、ありがとうございました♪

    フィジーの休暇、素敵ですね!またまた素晴らしい写真にうっとりです。

    自分のブログで、曲を紹介しようと思ったら、英語の話になったので、陽子さんのブログをちょっと紹介させて頂きました。^^

  2. Yoko Ueno より:

    ARIKOさん

    こんにちは。
    ありがとうございます!
    ご紹介いただいて、とてもうれしいです^^

    ここ少し、旅行記まとめさせてもらいます。恐縮です。
    でも、フィジーはとても素敵な土地でした。人柄ものんびり、ほがらかです。

    いつもありがとうございます!
    またぜひ^^/

  3. Yoko Ueno より:

    ARIKOさん

    ブログを拝見していて、私も同感でした。
    実は私も、英語で考えて書いたほうが、英語らしくなるんです。でも、複雑な思考は、やっぱり日本語で考えたほうがつきつめられる。でも、直訳では英語にならないことすらある……という感じ。
    タイトル付も、きっと悩みますよね^^;

    「楽しみを望う心」素敵な曲ですよね。
    ARIKOさんのピアノも素敵です☆
    ナイマンさんの生演奏も、なんと、床に寝ころんで聞き始めた人たちも何人かいました。オーストリアのリンツでしたしね。そのほうが心地いかもな~と思って聞いていました。

    私は、ボストンのバークレー校の近くにいたので、小曽根さんなど、なぜか音楽系の方々とのご縁もあり。ARIKOさんとも何かのご縁ですね。

    また^^/

  4. ARIKO より:

    陽子さんへ
    こんばんは!ありがとうございます♪
    またお話できて嬉しいです。^^

    英語が自由自在な陽子さんでも、英語と日本語が別なものだったりするんですね。そういうものなんですね。

    私の場合は、英語力がなさすぎという問題があるので、陽子さんと一緒に、そうそう、そうよね~、みたいな事はとてもとても言えませんが(笑)

    ピアノ素敵だなんて、嬉しい♪ありがとうございます。床に寝転んでマイケル・ナイマンの生演奏聴くなんて、びっくりですね。日本人にはとてもできそうにないですが。こんなお話を聞くと、海外の様々な文化にふれたいなと思います。実はまだ、海外に行ったことがないんです。

    小曽根さんともお知り合いなんですか!もう、本当に素晴らしい世界に生きてらっしゃる陽子さんに、こんなお話をして頂けるなんて、これもご縁でしょうか。嬉しいです。

    小曽根さんのラジオ番組が、昔いつも仕事帰りの車の中で聞け、お話はもとより、スタジオでの気軽な演奏がとても楽しみでした。

    う~ん、私も素晴らしい音楽を世の中に出せるよう、頑張ります!

  5. Yoko Ueno より:

    ARIKOさん。

    こんにちは。
    リンツだったのですが、劇場なのに寝ころんでてビックリでしたが、ナイマンさんの音楽は、確かにそのほうが気持ちよさそうでした^^

    小曽根さんは、学生の頃で、お顔に気づかずブルーノートのTシャツを着ているのを拝見して「ジャズお好きなんですね」なんて言ってしまって、周りの人に大笑いされました^^;。
    ブルーノートに出てたんですよね。

    最初の住まいがバークレーの近所だったので、ジャムセッションに呼んでもらったり、大勢でゴルフしたりしましたが、もう覚えてらっしゃらないかなぁと思います。
    そんなくらいで、知り合いというほどではなく、ボストン時代に何度かご一緒させていただきました。

    ARIKOさんの生演奏も、いつか聞いてみたいですね^^

    またぜひ^^/
    (*しばらく旅行記で恐縮です)

タイトルとURLをコピーしました