ロスト・イン・トランスレーション – 翻訳で失われるもの

◆英語を楽しむ

Lost in translation

Expression
都会の孤独   isolation in the metropolitan city

In order to write an essay, I watched one of my favorite films “Lost in Translation”. This film is great for the screen image and the script which shows the people’s isolation in the metropolitan city. Besides, it depicts lost things: not only the differences between language and culture, but also men and women, older and younger… in communication.
070325 小 ロスト・イン・トランスレーション.jpgにほんブログ村 英語ブログへ←I appreciate your vote!
★“Lost in translation”, directed by Sofia Coppola, was shot in Tokyo. The main location was the Park Hyatt Tokyo. You can enjoy the special enigmatic atmosphere of Tokyo in this film.
http://www.lit-movie.com/

【日本語訳】
ちょっと書きもののために、大好きな映画のひとつ「ロスト・イン・トランスレーション」を見ました。この映画、スクリーンのイメージや、大都市でのひとびとの孤独感を描いたスクリプトが秀逸! 言語やカルチャー間で喪失するものだけじゃなくて、男性と女性、年齢間におけるコミュニケーションの隔たりと失われるものが描かれています。

★ソフィア・コッポラ監督の「ロスト・イン・トランスレーション」は東京で撮影。メインの場所はパークハイアット東京。この映画では、フシギな東京の雰囲気を味わえます。 http://www.lit-movie.com/

・*★【今日のつぶやき】★*・
仕事で、ときどき通訳さんが登場してくれることがあります。
専門家ってすごくて、ビジネス系の通訳さんは一字一句もらさず
きれいに速記で書き取って、言ったそのままを伝えてくれます。
で、おもしろいかったのが、映画の原作者についた通訳さん。
聞いていると、相手がぜんぜん言っていない言葉を付け足して、
おもしろおかしくしちゃってるんです。
ときには、つまらない部分は訳さなかったり。
英語がわかると、聞いてて「あらら、いいのかな」と思うのですが、
記事にするには、この通訳さんの言葉イタダキ!ということもあるので、
まあ、どっちもどっち。母語が違う人間の間にひとり入ると、
その人の解釈が入ってくるから、
こんなにも言葉やニュアンスが変わるものなんだなぁ、ってしみじみ。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
↑よろしかったら、クリックしてください。ありがとうございます!

In order to do  doするために。     great forー ーに優れている。     
people’s isolation ひとびとの孤独   script 台本。 metropolitan city 大都会。
differences between A and B AとBの違い。

enigmatic atmosphere 不思議な雰囲気。

コメント

  1. James Dean Speaking / ジェームズ・ディーン語録

    Thanks to DVD, I can easily hear the words of an actor of a movie and picture…

  2. James Dean Speaking / ジェームズ・ディーン語録

    Thanks to DVD, I can easily hear the words of an actor of a movie and picture…

  3. James Dean Speaking / ジェームズ・ディーン語録

    Thanks to DVD, I can easily hear the words of an actor of a movie and picture…

  4. ボストンから友人が遊びに来たときに(初めての来日)彼が感じたこと、そしてお馴染みのアーティスト達で、この映画を見た人は、最初は本当にこの映画で描かれているように、日本を感じたそうです。海外から客人を迎える方にはお薦め。
    とにかく脚本が上手いです。私が海外に行っても感じないことを、彼ら海外組みは日本で感じる。このギャップは何でしょうね。

  5. Yoko Ueno より:

    imagine-peaceさん

    本当に、この映画の脚本は秀逸ですよね。渋谷の交差点のQフロントビルに妙な恐竜のアニメが写されるシーンがあるんですけど、きっとこんな風に奇妙に写っているんだろうなって思います。街の中でどこかとり残されていく雰囲気とか。翻訳がつかない日本語部分が、どんな風に受け取られるのかなーと。感じ取りきれくて残念です。ボストンのお友達も、漢字の表示や雑音すらめずらしかったでしょうね。
    ああ、ボストン懐かしいです^^。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました