英語上達のキホン

◆英語を磨く・身につける

いくつかリクエストをいただいたので、英語上達のコツ・秘訣を書いてみます

言葉って、どうやって身につけたか覚えていますか?
お母さんの話をなぞったり、テレビのフレーズを口まねしたりと身近なことから入るもの。
英語も、自分が興味があることや日本語で知っているようなことを見聞きしていくのが一番です。

高い英語教材を購入してきて、日本語では読まないような経済の話だったり、興味がない映画の話では、聞くのも読むのも大変。

身近にあるもので、自分が興味あるものを見つけて教材にしてみましょう。

具体的な方法は…たとえば↓<日本語・解説>へ
ブレイクタイム2 s 花.jpgにほんブログ村 英語ブログへbanner_02.gif←I appreciate your vote!

コツ1
たとえば、テレビのニュースを英語で見るなら、日本語でもいいから内容を知っているものから入ると、よく内容もわかるし身につきやすいんです。

まったく知らない内容をだらだらと聞き流すよりも、ところどころでも、英語がポンと耳に入ってきます。内容を知っているから、音も推測しやすくなります。

しかも、たとえば野球の結果だったり、グルメの話だったり、その情報を知りたい!と思えば、自然と集中できるはず。
また、英文でも読んでおけば尚効果的。話している内容とまったく同じテキストである必要はなくて、同じことを報道しているだけでいいんです。

たくさん聞くときにとても効果的な方法なんです。
これを繰り返すと、驚くほど聞こえるようになります。

続きはまた来週月曜日(くらい^^)に!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へbanner_02.gif

コメント

  1. 自分の大好きな、何度も見た映画のペーパーバックや、スポーツ雑誌・・好きな分野の本は、意外と読めるものです。その1冊から、それを今はやりの○読と言った、意味の分からないところは飛ばす読み方ではなく、じっくり読むことによって、1冊でかなりの力も自信もつくと思います。

  2. Yoko Ueno より:

    imagine-peace さん

    本当にそうですね。好きであることが一番!それに加えて、じっくりと1冊読みつくすのも効果的ですね。知り合いの英語本の著者が「映画を一本しゃぶりつくすように見ること」って言ってましたけど、本でも映画でもそうしたら実力も自身もつきますよね。

  3. dai より:

    こんばんは。
    お久しぶりです☆

    確かに身近な事柄を英語で聞くなり、読むなりした方が理解しやすいですよね!!

    後はそれを続ける事とですね☆
    アドバイスありがとうございます♪

  4. Yoko Ueno より:

    dai さん
    こんにちは、お久しぶりです^^。
    知っている内容だと、英語が耳に飛び込みやすくなりますよ。たくさん聞くときには、知らない内容をダラダラ聞くよりも効果的。

    なによりも、続けることが難しいデスヨねー^^;

    がんばってくださいね☆

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました