清水寺の石段が天空に⁉ 聖火台を手掛けたアーティスト

自然と天候
京都清水寺の石段は、まるで空を歩くかのようなアートが! 新たな視点は英語で  a new perspective 。オリンピックの聖火台を手掛けた佐藤オオキさんのインスタレーションに惹かれます!
Expression:
新たな視点 (bringing) a new perspective

The Yomiuri ShimbunJanuary 30, 2022 より

Mirrors cover the west gate’s 38 stone steps at Kiyomizudera temple, a UNESCO World Cultural Heritage site in Kyoto City, reflecting the sun and sky.
京都にあるUNESCO世界文化遺産の一つ、清水寺にある38段の西門への石段が鏡で覆われ、空と太陽を反射しています。

 
The Yomiuri Shimbun, The Japan News より にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

The art piece has received quite a bit of attention with visitors posting photos on social media.
SNSに写真投稿するような来訪者でも、この芸術作品にはほとん気づきません

The installation was planned by Oki Sato, who designed the Tokyo Olympic cauldron.
東京オリンピックの聖火台のデザインも手掛けた佐藤オオキさんによってつくられたこのインスタレーション。

“I want people to get a sense of how amazing this old city is by bringing a new perspective to the stone steps,” Sato said.
「この石段にあらたな視点をもたらすことで、この素晴らしい古都の雰囲気をみんなに伝えたかった」と佐藤氏。

The event is scheduled to run through Feb. 13.
このイベントは2月13日まで開催

・*☆【ちょっとひとこと】☆*・
とても素敵なアイデアですね。
清水寺の階段にミラーを施して、
空を地面に敷きつめる。
自然がそこに溶け込んで、
見る人も気づかないくらい自然なアート。

これ、海と同じ原理でしょうか。
空の青が映るから、海は青く見えて、
どんより曇天だと、水もどんよりグレーに。

時間によって変わる空と風景が、
さらに階段に移りこんで、
二重に変化していく。

雨の日は、落ちる雨の水もまた
鏡に模様を描くのかな。

いろんなお天気や季節で
たのしんでみたいインスタレーション
生で見たかった!

↓↓↓人気ブログランキング・ブログ村に参加しています。クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。
 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました