空飛ぶタクシーが2024年に始動!Singapore: Air taxi services in Sentosa by 2024

エアタクシー シンガポール時事
Volocopter Commits to Launch Air Taxi Services in Singapore, VoloCity over Singapore ©Volocopter

いよいよ、空飛ぶタクシーが登場します。垂直に飛び上がって、国境すらも超える予定。垂直にを英語でverticaly 、離陸はtake off,着陸は……。SF世界の再現みたいに、やがて空をタクシーやエアバスが行きかうようになるのでしょうか……

Expression:
離陸 英語 take off
<もう行くね、といったときにもI’m taking off.と使います>
着陸 英語 land on
垂直に 英語 verticaly

The Straits Times via Asia News Network Feb.27, 2022

Air taxi pioneers Volocopter and Skyports are set to co-launch commercial air taxi services in Singapore in just two years’ time,
エアタクシーのパイオニアであるボロコプターとスカイポートが商業ベースのエアタクシーを、2年以内にシンガポールで共同始動です。

beginning with frequent flights in Marina Bay and Sentosa.
まずは、マリーナベイとセントーサでの頻回なフライトを開始します。

エアタクシー シンガポール

Volocopter Commits to Launch Air Taxi Services in Singapore, VoloCity over Singapore ©Volocopter

They will take off from and land on vertiports
エアタクシーは、ヴェリポートで離着陸する予定。

— named for the way the vehicles take off and land vertically.
その名称は機体(vehicles)が垂直に(vertically)着陸することによります。

エアバス cityairbusにほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村
コチラは、タクシーではなくエアバスだそうです。

Resembling small private airports about 20-25 meters long, these can be replicated on the rooftop of buildings,
20メートルから25メートルの滑走距離の小型プライベート飛行場を模して、ビルの屋上に設置されることで、

which would allow for more direct transport.
よりアクセスのよい移動を可能にします

・*★【ちょっとひとこと】★*・

いよいよ、空飛ぶタクシーの時代がやってきます。
リュックベッソン監督の
SF映画「フィフスエレメント」で
普通のタクシーが空を飛んでいましたけど、
見た目はもう少しヘリコプター寄り。
2024年までに始動予定とか。

これで、国境を越えての
運航も予定しているそうです。

たとえば、シンガポールからインドネシアの
ビンタン島にはフェリーで1時間ほどでした。
そんな距離を、このエアタクシーで
往来できるんですね。

ビルの屋上から垂直の離発着で、
飛行場に行く時間も省けるから、
だいぶ時間の短縮になりそうです。

空が渋滞するまでには
時間にもスペースにも
まだ少しの猶予がありそうです^^

↓↓↓人気ブログランキング・ブログ村に参加しています。クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。
 にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました