季節にぴったり!枝豆フムス Edamame-fumusu

食とグルメ

フムスとは、中東のヒヨコ豆のペースト。今回は、枝豆を使って英語・日本語レシピで。クリーミーな食感をcreamy texture。ガーリックやゴマの香りが、夏のビールのお供にもぴったり…

Expression
ほかにも apart from ~
たくさんの countless of ~

Apart from eating them directly from the pods,
さやから直接、食べる以外にも、

there are countless of other different ways that you can use edamame:
たくさんの(数えきれないほどの)枝豆を食べる方法があります。

Here is how to make edamame fumus.
こちらは枝豆フムスの作り方です。

<以下、英日レシピです。飛ばす方は、下の方へ^^
SAVVY TOKYOMAY 27, 2022  より 一部抜粋
(対訳をとりやすいように、なるべく冒頭から訳しています)

SAVVY TOKYO

Ingredients 材料
1.1 tablespoon sesame seeds ゴマ大さじ
2. 200g edamame (out of the pod) えだまめ200グラム(さやぬき)
3. 2 tablespoons olive oilオリーブオイル 大さじ2
4. 1 teaspoon sesame oil ゴマ油 小さじ1/2
5. 1 clove of garlic, crushed ニンニク 1/2  つぶす
6. Juice of 1 lemon レモン1個ぶんの果汁
7. 2 tablespoons water 水 大さじ2
8. Freshly ground salt and pepper to season 塩とコショウをひく

えだまめフムス2PVアクセスランキング にほんブログ村

◆Instructions 作り方
1. Toss the sesame seeds into a roasting tray and place in a fan oven preheated to 150ºC for about 5 minutes.
オーブン(焙煎)トレイにごまをふり入れて、あらかじめ150度に熱したオーブンに5分いれます。

2. Using a pestle and mortar, grind the hot sesame seeds until most of them are cracked.
乳棒と乳鉢を使い、熱いゴマをほぼすべてくだけるまですりおろします。

3. Cook the edamame, then drain. If still in the pods, remove them by using your fingers to gently squeeze the beans out.
枝豆をゆでて水をすてます。指でやさしくサヤから豆を押し出します

4. Place the cooked edamame beans, ground sesame seeds and the remaining ingredients in a blender and blitz until the texture is nice and creamy.
調理したえだまめ、すりおろしたゴマ、残りの材料をブレンダーに入れて(置いて)、クリーミーな食感になるまで混ぜます。

5. If you think the mixture is too dry, then add a little more olive oil or water.
まだ乾いた感じがしたら、あと少しオリーブオイルや水を足します。

6. Serve with pitta bread or raw vegetable sticks.
ピタパンや生野菜スティックでいただきます。

枝豆のフムス

・*★【ちょっとひとこと】★*・
フムス、つまりはペースト、ディップです。
中東では広く食べられるもので、

少しもったりした豆の感触が
ふわんとして、ピタパンや
クラッカーなどともぴったり。

「タンパク質、マグネシウム、
鉄分、食物繊維など、
さまざまな栄養成分が含まれているため、
最強のヘルシーフード」(Woman’s Health)
だそうです。

本来はひよこ豆。
なので枝豆ではだいぶ違うでしょうけど、
夏らしい豆の味に
ガーリックとゴマの香り。
のりに巻いてもおいしそう。

どんどん日本流にアレンジして
おつまみ品数増やすのも
おもしろそうですね^^

人気ランキングに参加しています。
ぜひ、2クリックをよろしくお願いします。
 にほんブログ村 英語ブログへ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました